一生涯使える第三銀行

第三銀行の外貨預金とそのリスク

年齢を重ねて財産が増えるにつれて、外貨預金を利用する人は増える傾向にあります。外貨預金とは通常の預金商品と違って手持ちの円を海外通貨に交換して預ける商品で、最近は中国経済の成長もあって人民元の人気が高いです。しかし外国為替相場の変動によって為替差損を被るリスクがあるため、初めは米ドルやユーロなど信頼性の高い国際通貨から始めましょう。第三銀行でも米ドルとユーロの他に、オーストラリアドルなどを取扱っています。

外貨預金の商品の仕組みは非常にシンプルです。円と同じように外貨も市場金利に応じて預金商品の適用金利が決まっており、金利と預入金額、預入期間に応じた利息を受け取ります。円より高金利の外貨も多いため、円預金ではなく外貨預金で資産運用をおこなう人も多いです。さらに預入時はTTS、払い戻し時はTTBという為替レートがそれぞれ適用され、相場の違いによる為替差益を得られる可能性があります。第三銀行では各通貨の為替レート及び為替手数料を円で表示しているため、初心者でも簡単に外貨預金による利益の試算をおこなえます。

しかし外貨預金は円預金よりも相場変動や元本割れのリスクが高いため、事前に為替相場をチェックして商品説明を受けても細心の注意が必要です。外貨預金は口座開設時より円安になると為替差益を得られますが、逆に円高になると為替差損及び元本割れになりかねないのです。円と違って外国通貨の為替相場は外国経済などの影響を受けるので、為替相場の変動を事前に察知するのが非常に困難という欠点もあります。

金融機関によって取扱う通貨が違うため、マイナーな通貨を取引したい場合は、第三銀行のような普通銀行よりも証券会社や大手金融機関がオススメです。第三銀行は外貨預金以外の金融商品も取扱っている反面、取扱い通貨の種類は少ないのです。第三銀行以外の地方銀行も似たような品揃えなので、外貨預金だけは証券会社で利用するという投資家も少なくありません。