福岡中央銀行の商品を使わなきゃ損

福岡中央銀行の空き家活用ローン

最近、政府は空き家対策に苦慮しています。というのも空き家の数は年々増加しており、今や住宅の1割以上が空き家となっているのです。今年4月からは旧耐震基準の空き家の解体売却を行うと、譲渡益が一定金額分まで控除される促進政策を実施していますが、そもそも解体工事の資金をねん出できない空き家所有者も少なくありません。そこでオススメなのが福岡中央銀行の空き家活用ローンです。融資金額を空き家の解体費用やリフォーム費用、駐車場造成費用などに充てられる商品です。

空き家関連のローンは空き家を解体するためのローンと賃貸目的でリフォームするためのローンが別々なケースが多いですが、福岡中央銀行は空き家活用ローン1つにこれらの用途が集約されているのが特徴です。そのため空き家を自由に解体・活用することができます。最近人気なのは空き家をリフォームして賃貸物件にしたり解体して駐車場にしたりして、賃料収入を得る活用方法です。管理費が必要ですし、立地によっては運用が難航してしまいますが、収入を増やして生活資金に役立てることができます。

福岡中央銀行の空き家活用ローンのデメリットは、融資金額の上限が500万円と少ないことです。大規模な解体およびリフォームを行う際には、各地域の自治体が支給する補助金の利用が不可欠でしょう。空き家活用ローンと補助金を併用すると、金利引き下げを受けることができるため、利息を抑えるためにも補助金の利用がオススメです。

空き家活用ローンは変動金利なので、融資期間中に市場金利が変動するリスクがあることも留意しておきましょう。空き家活用ローンは融資期間が最長10年もあるため、市場金利が大幅に変動する可能性もゼロではないのです。契約手続きの前に市場金利の動向をチェックしておきましょう。繰上返済して市場金利が変動する前に完済してしまうという手もあります。