オリジナル商品が豊富な福岡信用金庫

福岡信用金庫の定期預金

福岡信用金庫で最も使いやすいのは定期預金です。定期預金は普通預金に比べて種類や商品内容が豊富で使いやすく、店頭表示金利も高いというメリットがあるのです。そのため利用者や目的を問わず様々な資産運用を行うことができます。しかし一方で口座開設時に預入期間や預入金額を決めるため、満期日まで払い戻せないというデメリットがあります。

福岡信用金庫の定期預金を利用する際は、預入期間を5年に設定するのがオススメです。というのもスーパー定期と大口定期預金の預入期間を5年にすると、店頭表示金利が一気に高くなるのです。預入期間4年までは低金利ですが、5年になると急に高金利になるという金利設定なので、できるだけ5年に設定しましょう。ただし定期預金は満期日まで払い戻しができないため、預入期間を5年にするということは預けたお金を5年間は使えないということになります。そのため長期間使う予定のない余裕資金を預けましょう。

長期間払い戻せない点が不安ならば、自由金利型期日指定定期預金や利息分割受取型定期預金がオススメです。自由金利型期日指定定期預金は預入期間中いつでも好きなときに満期日を迎えられる商品で、急に預金が必要になっても安心です。一方の利息分割受取型定期預金は満期日前に利息だけ受け取れる商品で、預入期間中も一定の資金供給が見込めます。ただし自由金利型期日指定定期預金で満期日を迎えるのが早すぎると利息が少なくなってしまいますし、利息分割受取型定期預金は預入金額が少ないと僅かな利息しか受け取れません。そのため事前に運用計画を立てて利用しましょう。

上記の定期預金は便利な一方、金利上乗せなどの金利優遇サービスが用意されていないというデメリットがあります。一部の金融機関では取引実績を始めとする諸条件を満たすと定期預金の適用金利を引き上げることができますが、福岡信用金庫では一部のオリジナル商品が高金利なだけで、基本的に預金商品の適用金利を引き上げる手段がないのです。そのため場合によっては他の金融機関の定期預金を利用したほうがお得です。とくに退職金専用定期預金や懸賞付き定期預金は、適用金利が高く優遇特典も充実していて多くの金融機関が提供しています。

神奈川銀行で人気上昇中の商品

資産運用にぴったりな福邦銀行

一生涯使える第三銀行

福岡中央銀行の商品を使わなきゃ損

オリジナル商品が豊富な福岡信用金庫

使いたくなる東京ベイ信用金庫

伊達信用金庫を効果的に使おう